レビトラ通販

レビトラ通販/レビトラのご紹介

 

レビトラはバイアグラに次いで、国内2番目に認可されたED治療薬になります。

 

レビトラは、バイアグラの欠点を改良した感じのED治療薬で、まずはその効き目の即効性が注目されています。

 

通常ですとレビトラを服用して15分ぐらいで効果が出てくるのですが、早い人ですと5分ぐらいで効果が出てくる人もいるようです。

 

バイアグラですと、1時間ぐらい前に飲んで、それも空腹でなければいけませんでした。効果時間は5時間ぐらいです。

 

レビトラ

 

レビトラになりますと、軽い食事なら影響されません。また効果時間も8時間と延長されています。

 

副作用に関しても、バイアグラに比べて、レビトラjはかなり抑えられています。

 

やはりレビトラの即効性と、食事に影響されずらい点が人気でレビトラを使用する人が最近では非常に多くなっています。

 

レビトラはドイツのバイエルと言う製薬会社から発売になり、2004年に日本でも認可されました。当初は、レビトラの5mgと10mgが認可になってその後数年してレビトラの20mgが認可されています。

 

レビトラの5mgに関しては、医者も見たことが無い薬で、実際の医療現場でもレビトラは10mgと20mgしか扱っていません。なんで5mgなんてわざわざ使用もしないのに認可したのか日本に薬に関する認可制度のおかしな一面を見る事ができます。

 

レビトラはピル自体も他のED治療薬に比べると小さいもので、大変飲み易さも工夫されています。

レビトラ

レビトラの医療現場での価格は10mgで1500円、20mgで2000円と言うところが相場になっているようです。

 

保険が効きませんので、実費負担で各病院ともレビトラなどのED治療薬に関しては、薬代のみの請求で診察料や初診料などは取らないところが多い様です。

 

レビトラを購入すると、箱にトレードマークとして、炎があがかれていますが、ライターで火をつけるように簡単に効き目が出てくるって事を象徴しているそうです。

 

>>>レビトラ・レビトラジェネリックはこちら

 

レビトラ通販のジェネリック

 

レビトラを使用する人が増えて来ていますが、同時にやはり値段の安いレビトラジェネリックに移行する人が多い様です。

 

レビトラのジェネリックは数種類ありますが、どれも人気があり、使用されている方も多いので、安全性も確立されてきています。

 

ジェネリックと聞くと、レビトラは発売されてそんなに日が経っていないのに何でジェネリックが発売されるのだろうと疑問に思う人も多いと思いますが、今の時代はどんな新薬がでてもすぐにジェネリックが発売されます。

 

そこには、インドの医薬品に対する特許の考え方が他国と違う点があり、この事がジェネリックを容易に作る事ができる原因になっています。

 

そのあたりの事情は「インドの薬特許に関する考え方」を参考にしてみて下さい。

 

レビトラを普通に医者で購入しますと、20mgで1錠2000円程しますが、ジェネリックで購入しますと、20mgはなんと1錠110円代で購入が可能になります。

 

この1錠の差額はもうばかばかしくて医者でレビトラを買う気にはなりませんね。

 

ですがやはり心配されるのは、医者で出すレビトラとレビトラジェネリックがの品質がそんなに値段が違うと同じではないのでは、と考えてしまう人もいると思います。

確かにあまりの値段の差に茫然とさせられますが、この手のジェネリックは全てインドからきています。

 

インドの医薬品の製造技術は、他国と比べても非常に優秀で品質のいい製品を作る事で有名です。インドの特許事情の関係から開発費を掛けずにジェネリクを作る事が可能になりますので、このような値段がつくのです。今医者が1錠2000円で販売しているバイエルのレビトラはその半分が医者の儲けで、後の90%は開発費に掛かった費用の回収にあてられています。

 

ですが、レビトラのジェネリックの偽物を販売している業者も大変多いので、注意しましょう。

 

>>>レビトラ・レビトラジェネリックはこちら

 

 

レビトラ通販の個人輸入

 

レビトラはもちろんお医者さんで購入する事ができますが、今はネットの時代ですのでネットで医薬品を買う事が簡単にできます。
それも処方箋が必用な医薬品でもOKなのです。

 

方法は個人輸入と言う仕組みを利用するのですが、個人輸入と言われてもどんな風にしていったらいいのかなんて全く分かりませんよね。

 

ですが、その点は全く心配はいりません。個人輸入を代行してくれる業者がいますので、ネットショッピング感覚で買うことができます。

 

ちなみに日本の法律では、一定量までの医薬品は個人で自由に輸入していいことになっています。

 

医薬品等の個人輸入について

 

ネットで販売されている薬はレビトラはもちろんいろんな薬が販売されています。もちろんレビトラのジェネリックも購入することができます。

 

送料は無料ですので、商品代金だけですみますので、かなりお安い価格でいろんな薬が調達可能です。

 

ですが、個人輸入に関しては注意しなければいけない事があります。

 

偽物の薬をあたかも本物だと言って、平気で販売している悪徳業者が多く存在します。

このような業者に引っかかりますと、偽物のクスリですので、最悪の場合には、体を壊してしまうことも考えられます。

 

また本物に近い薬でも、添加物などが違っていて、そのために思わぬ副作用を起こしてしまうケースもありますので、かなり注意が必用です。

 

当サイトでご紹介しています業者は、当サイト管理人の私が実際に購入して、これなら大丈夫と太鼓判を押せる業者ですので、安心して購入してください。

 

 

危ない業者の見分け方

 

偽物を販売している業者をどのように見分けたらいいか少し説明します。

 

クレジットカードが使用できない。

 

偽物を販売している業者では、クレジット会社の審査が通りませんので、クレジットは絶対に使用できません。

 

他の業者に比べて異常に安

 

どんな商品にも原価と言うものがあります。ですのであまり安く販売することはできません。もし他の業者に比べてあまりにも安い価格で販売している業者がいましたら間違いなく偽物を販売しています。

 

あり得ないクスリを販売している

 

レビトラには10mgと20mgしかないのですが、私が以前見たショップでは、何と100mgのレビトラを販売していました。

 

特定商取引法に基づく表記が無い

 

ネット販売では、会社名、住所、電話番号、販売方法などの個人情報を公開しなければいけない事になっていますが、危ない業者には必ずこの表記がありません。

 

>>>レビトラ・レビトラジェネリックはこちら